読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスミソウ

nonfiction

夜が朝に溶ける時間

いつも寝ようと思って寝られなくて

この時間になるのよね、

 

困ったものだ。

 

 

明け方の薄暗くてツンと澄んだ空気が大好きで

ゆらゆらと考え事をしていた

 

浮かんでは消えるシャボンみたいに

 

ぷかぷかふわふわ

 

思考が空へ昇っていく

 

暖かい未来の事を想像したり

絶望について考えたり

 

忙しいものだ。

 

愛しいあの人はとうの昔に私の中で死んだし

私は生まれてすらなかったのだ

 

とか

 

明日出会うかもしれない新しい愛しい人は

とてもとても柔らかく笑う人だろう

 

とか

 

もし明日死ぬなら一言だけ話したかった人の

顔を思い返そう

 

とか

 

そんなことをしてたらもうこんな時間だ

 

 

隣のクラスの可愛いあの人は

今日は来てるかな。

 

会えるかな。

 

今日こそなにか言えるかな。

 

 

なんてこと、柄でもなく考えてた

 

ねむくなった

 

おやすみなさい

 

f:id:m_21g:20170420054832j:image

サンタマリア

今日はずっと私の中にいる、一人の大切な傷のお話。

前からしてるけどね。

 

 

私にとって一番苦しい曲

一番愛しかった色

あの人の匂いしかしない曲

 

彼の歌い方、吐息、伏せた目。

涙が出るほど美しかったこと、

 

私しか知らない彼は

この曲に刻まれている気がして

 

一人で歌うのには心苦しいのに

歌わずには居られないのね

そんな歌、だけど最近はとても好きなの。

 

別に彼にサンタマリアが似合うわけではなかったけれど。

でも、彼の歌うあの曲は夢だった。

一緒に居れば、本当の幸せまで辿り着ける気がしていたし、一緒にいることこそが幸せそのものであったから。

 

 

懐かしいなぁ。

 

思い返すとドキドキする

 

苦しくなる

 

好きだった

 

あの歌が好きだったなぁ。

 

それはもう、とても。

 

私の細胞になってしまったけど

この曲は今でもあの人が香る

 

一つの大切のお話。

 

f:id:m_21g:20170330002958j:image

 

 

 

17歳。

今日で終わるね。

17歳。

 

何度も死んで、何度も生まれた。

 

生きていた。

そりゃもう全力で。

 

僕が僕であるように。

僕を見失わないように。

必死で生きていた。

 

大人と子供の狭間で、大人になるってことが怖くて子供に縋っていた。

 

歳なんて若ければ若いほどいいに決まってる。

 

16歳と17歳が一番好きだったなぁ。

 

歳に自信があった。

 

なんだって出来そうだ。

 

なんだって、出来ちゃいそうで

 

一番大きい子供になった気分だった。

 

夢を見ていた。

 

夢に溺れていられた。

 

これからは 責任 が枷となる。

もう、"大人"なんだよな。

 

歳的にも。

 

未来を担う切符まで渡されてしまうのよね。

 

 

まだ、まだ泳いでいたいのになぁ。

 

 

でもさ。きっとさ。

 

嫌なことばっかりじゃない。

 

 

子供のルッテルが剥がれるなら、

好きが届きやすくなるんだ。

悪くない。

 

 

これでやっと、歳で子供と決めつけられなくなるのか、と思うと少し清々する。

 

 

あのひとが知ってる私よりもうこんなに大人になったんだな。

 

早いものだね。

 

本当に、人生なんて一瞬だね。

 

きっと。

 

何度か泣いて笑ったら明日にはきっと命日だ。

 

それならもう少し気楽に生きてもいいかな。

 

うん。気楽に生きてやろう。

 

そうしてやろう。

 

なーんてね。

 

さよなら、17歳。愛しかったわよ。

 

おいでませ。18歳。

 

これからもよろしく、私。f:id:m_21g:20170322225010j:image

あたりまえの、

色がある 光がある 影がある 温度がある

ずっと見てきた当たり前たち

 

でも明日突然色が消えるかもしれないし、もっと様々な色が見えるようになるかもしれない。

 

なんてことをちょっと考えたりしてた。

 

まだ暗いけどもう朝。

 

湯船に沈みながら考えている。

 

6年前の昨日は当たり前が泡のように浮かんで、海の中に消えていった日。

 

いつも元気をもらっている、あの人が鳴らす音、あいつの奏でる詩、あなたの紡ぐ言葉。みんなそれぞれ、違うけど、きっとそれぞれ似合う表現ができているはず。

 

ありがたいなぁと思う。

 

 

また地面が揺れたね。

 

思い出すね。

 

 

なぁんてね。

 

そろそろ寝るね。

 

おやすみなさい。f:id:m_21g:20170312053528j:image

幸せすぎて死にたくなったこと。

あの人と隣にいた頃の話。

後にも先にも、あんなに幸せだった頃は私の日々の中に存在しない。

 

今でこそ、もう好きじゃないなんて言えるけど、ずーっと、そりゃもうずーっと好きだった。愛してた。

 

なぜ今でも度々あの人の話ばかりしてしまうんだろうな。

 

きっと誰一人彼を超えてこないからなのね。

 

彼を超える幸せをくれたらきっと、歴代一位は塗り変わるはずなんだけど。

 

なかなか難しいもののよう。

 

 

この人が私のものであるうちに。

私がこの人のものであるうちに。

 

こんな幸せな日々のうちに。

 

さっさと地球が砕ければいい。

 

そんなことを思ってたの。

 

この腕の中で抱かれている今。

この瞬間に消えてしまいたいと本気で望んで。

 

それほど、満ち足りた感覚は

まるで白昼夢みたいに

あれから一度も出会えていないから

 

虚しいなぁ

こんなに愛したいのに

誰のこともあんなに愛せないの

 

ため息。f:id:m_21g:20170301184305j:image

 

きっと今の彼に出会っても

あの時ほど愛せないんだろうなぁ

 

虚しいきもち。

 

ゆらり

いまから おしごと

ぐらり

逃げ出しちゃおうかな。

 

ふわり。

 

ブランデーとチョコレート

 

柔らかいアルコールの香りと

甘い香りにふわっと混じるカカオのきりっとした香り。

 

 

今年もそんな時期になったなぁ、と痛感。

 

家に帰ると、妹がトリュフを作ってた。

 

ぞっとするほど手間がかかるのにな。

 

その分市販のチョコレートよりもずっと美味しいし、私は家で作るトリュフほど美味しいロックトリュフを食べたことがないけれど。

 

それにしても4.5時間かけて50個ほどのトリュフを作るなんて、元気だ。

 

そう考えると妹は流石だなぁと感心する。

 

 

いつかあの人にも食べさせたなぁ。

私の幸せを共有したかったし

貴方の幸せが私の隣にあればそれだけでよかったんだ

 

 

そんなこんなも、ほんとはバレンタインなんて踊らされているだけなのかも。

 

それでも私はこんな機会でもないと私は改めていつものお礼ができないので、

 

一年に一度のいい機会よね。

 

 なので、今日はちゃんとお礼を言わせてね。

 

 

私を愛してくれるあなたへ。

 

いつも本当にありがとう。

私も愛しているよ。

 

ハッピーバレンタイン。

 

 

f:id:m_21g:20170214052410j:image

 

 

詩を、歌う。

今日気づいたこと。

私が今まで付き合った人や好きになった人のほとんどは歌が上手かった。

歌うのが好きな人だった。

心の中を表現したい人だった。

 

だから惹かれたし、だから撮りたかった。

どうしても残しておきたかった。

 

 

前も書いたけれど、私は歌になりたかった。

あの人が歌う、君に。

誰かの馳せる想いに。

 

私の色が染み付いてくれれば、そんなに嬉しいことはないと思っていた。

 

だって、その歌を歌う度に私が蘇ってくれるなら、私はその人と一瞬でも生きた意味があったと思えるから。

 

私が生まれた意味が、あったと言えるから。

 

だから私は誰かを想って歌うし、

誰かに想われて歌になって残りたかった。

 

 

と。ふと。

 

音痴な苦手なあの人のおかげで思い出せた。

 

私にとって大切なこと。

 

f:id:m_21g:20170212014611j:image