カスミソウ

nonfiction

ブランデーとチョコレート

 

柔らかいアルコールの香りと

甘い香りにふわっと混じるカカオのきりっとした香り。

 

 

今年もそんな時期になったなぁ、と痛感。

 

家に帰ると、妹がトリュフを作ってた。

 

ぞっとするほど手間がかかるのにな。

 

その分市販のチョコレートよりもずっと美味しいし、私は家で作るトリュフほど美味しいロックトリュフを食べたことがないけれど。

 

それにしても4.5時間かけて50個ほどのトリュフを作るなんて、元気だ。

 

そう考えると妹は流石だなぁと感心する。

 

 

いつかあの人にも食べさせたなぁ。

私の幸せを共有したかったし

貴方の幸せが私の隣にあればそれだけでよかったんだ

 

 

そんなこんなも、ほんとはバレンタインなんて踊らされているだけなのかも。

 

それでも私はこんな機会でもないと私は改めていつものお礼ができないので、

 

一年に一度のいい機会よね。

 

 なので、今日はちゃんとお礼を言わせてね。

 

 

私を愛してくれるあなたへ。

 

いつも本当にありがとう。

私も愛しているよ。

 

ハッピーバレンタイン。

 

 

f:id:m_21g:20170214052410j:image