読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスミソウ

nonfiction

あたりまえの、

色がある 光がある 影がある 温度がある

ずっと見てきた当たり前たち

 

でも明日突然色が消えるかもしれないし、もっと様々な色が見えるようになるかもしれない。

 

なんてことをちょっと考えたりしてた。

 

まだ暗いけどもう朝。

 

湯船に沈みながら考えている。

 

6年前の昨日は当たり前が泡のように浮かんで、海の中に消えていった日。

 

いつも元気をもらっている、あの人が鳴らす音、あいつの奏でる詩、あなたの紡ぐ言葉。みんなそれぞれ、違うけど、きっとそれぞれ似合う表現ができているはず。

 

ありがたいなぁと思う。

 

 

また地面が揺れたね。

 

思い出すね。

 

 

なぁんてね。

 

そろそろ寝るね。

 

おやすみなさい。f:id:m_21g:20170312053528j:image