カスミソウ

nonfiction

17歳。

今日で終わるね。

17歳。

 

何度も死んで、何度も生まれた。

 

生きていた。

そりゃもう全力で。

 

僕が僕であるように。

僕を見失わないように。

必死で生きていた。

 

大人と子供の狭間で、大人になるってことが怖くて子供に縋っていた。

 

歳なんて若ければ若いほどいいに決まってる。

 

16歳と17歳が一番好きだったなぁ。

 

歳に自信があった。

 

なんだって出来そうだ。

 

なんだって、出来ちゃいそうで

 

一番大きい子供になった気分だった。

 

夢を見ていた。

 

夢に溺れていられた。

 

これからは 責任 が枷となる。

もう、"大人"なんだよな。

 

歳的にも。

 

未来を担う切符まで渡されてしまうのよね。

 

 

まだ、まだ泳いでいたいのになぁ。

 

 

でもさ。きっとさ。

 

嫌なことばっかりじゃない。

 

 

子供のルッテルが剥がれるなら、

好きが届きやすくなるんだ。

悪くない。

 

 

これでやっと、歳で子供と決めつけられなくなるのか、と思うと少し清々する。

 

 

あのひとが知ってる私よりもうこんなに大人になったんだな。

 

早いものだね。

 

本当に、人生なんて一瞬だね。

 

きっと。

 

何度か泣いて笑ったら明日にはきっと命日だ。

 

それならもう少し気楽に生きてもいいかな。

 

うん。気楽に生きてやろう。

 

そうしてやろう。

 

なーんてね。

 

さよなら、17歳。愛しかったわよ。

 

おいでませ。18歳。

 

これからもよろしく、私。f:id:m_21g:20170322225010j:image