白昼夢

nonfiction

アイネクライネ

f:id:m_21g:20170508031124p:image

直訳すると、とある小さな、という意味がある。

ただ 貴方がいて。私がいる。
たったそれだけ。

そんなとても小さな些細なことが、愛しくて愛しくて堪らない、といった歌。


私はこれほど美しいラブソングを他に知らない 。

これほど愛しくて愛しくて切ない

ラブソングを知らない。

 

 " 誰かの居場所を奪い 生きるくらいなら

   あたしは石ころにでもなれたらいいな。"

 

知らない誰かの幸せを奪って生きるくらいなら、石ころになってしまいたいとさえ思うのに。それでも貴方の居場所が無くなってしまうのならば、誰かが身代わりになればいい。

 

それほど、貴方という存在は大きいと。

 

 

" 消えない悲しみも綻びも貴方といれば

  それで良かったね、と笑えるのがどんなに嬉しいか。"

 

いつまでも、いつまでも越えられない夜を

越えようと手を繋ぐこの日々が、続きますように。

 

貴方と生きていればどんな悲しみや苦しみさえも笑い合える、と。

些細な日常が続くことほどの幸せはない、と。

 

なんて優しい色をした歌なのだろう。

聞く度に思うの。

いつもいつも泣いてしまう。

 

 " あたしの名前を呼んでくれた

   あなたの名前を呼んでいいかな "

 

こんなプロポーズがあるんだね。

 

 何度も何度も擦り切れるまで聴いた曲。

この曲は生涯世界一好きな曲で有り続けてくれるだろう。

 

少し長くなってしまったね。

 

一人でも多くの方に知って欲しい歌なので、

つい、つらつらと書き綴ってしまった。

 

どうか、許してね。

 

今日は朝が来る前に眠れそう。

おやすみなさい。

 

アイネクライネ/米津玄師

YouTubeより。【https://youtu.be/-EKxzId_Sj4