1mm.

nonfiction

親愛なる誰かへ

私の一番大切な曲は、二人だけの曲になった。

誰にも踏み込まれないものになった。

 

アイネクライネの男の子は君にそっくり

女の子の方は私であればいいと思っていた。

 

viviの二番の歌詞、初めてとても共感したよ。

 

君の中で永遠になれたらどんなにいいだろう。

生まれてきた意味があればいいな。

 

ただ、私は相当愛されていること

あなたと、私の周りの人が教えてくれた

 

手放した分だけ入ってきた。

もう少し抱えられる苦しみと幸せのキャパシティを広げたいところだね。

 

それには自分を愛して、私のために幸せを願えるようになるのが第一歩かなぁ。

 

 

 

 

あなたの抱える憂が  その身に浸る苦痛が
雨にしな垂れては  流れ落ちますように

 

という気持ちでいっぱいです

 

どうかあなたが苦しみませんように

 

どうか幸せでありますように

 

未来も、あなたの幸せの理由にほんの少しだけでもなれたらいいな、と心底思っています

 

 

私は幸せの道を一つ掴んだから心配しないでね

 

君が気にしちゃう内は

本気で憂いてるところは見せたくないし

 ちゃんと一人で消化するから、

 

苦しみが小さくなった頃にまた少し頼らせてください。

 

世界で一番幸せな時間と

今までで一番たくさんの愛を

与えてくれたあなたへの

 

大事な想いをこっそりここに置いておきます。

 

 

愛を込めて。

 

 

f:id:m_21g:20180211052558p:image