1mm.

nonfiction

私を葬る時の話。

昔このブログはカスミソウという名前だった。

 

わたしのことをよく知る人や

わたしを見ている人たちが

よくプレゼントにカスミソウのドライフラワーをくれる。

 

貴女にはカスミソウが一番似合う

そんなことを言ってくれる

 

私は死んだら

漆黒のフレアワンピースを着て

もしくは、純白のレースのドレスを着て

カスミソウの中に眠りたい

 

それから、一輪だけ白い百合を持たせてほしい

 

できるだけ儚くて柔らかく葬ってほしい

 

お墓はいらないから桜の樹木葬がいいなぁ。

でも、大切な人には私のお骨をダイヤにして、指輪として身につけててほしい。

 

終わりまでもあの子らしいって言われたいよ

 

求めてた私の日々の形は、死ぬ時に完結させたいし、一種この人生は作品のようなものとして残したいんだよ

 

だって、葬儀なんてする文化がある

こんな人になり損なった私が

何かを残すことができるなら

 

忘れられないお葬式にしたい

 

最後の最後まで私は"わたし"でいたい

 

なんでもないよ

 

雨の匂いと、遠くの記憶と

眠気と、あぁそうだって思い立って

綴っておくことにしただけ。

 

最近は昼中に眠る

夜と喋って仲良くしてる

 

でも今日は夜の中で眠れそう

 

 f:id:m_21g:20180222032516j:image