カスミソウ

nonfiction

歌が見える日。

寒すぎる日は

誰かの体温の記憶ばかりで

とても寂しい気持ちになったりする

 

寒いっていちいち理由をつけてくっついて

手を握ったりして

あの人のか自分のか もはや わからない

心臓の音が煩くて

吐息に交えた愛してるも

冷えきった手も

苦いキスも

 

全部全部寒い日だった

それぞれが冬だったわけで

 

私は夏に大切な思い出がほとんどない。

 

ひとつだけ、たった一つだけあるけれど

 

それは誰にも伝えるべきではない気がする

私だけの永遠にしておきたい。

なんてね。

 

眠たい中、懐かしい歌を聴きながら

 

雪が降るほど寒すぎるせいで

少しだけ感傷的になったりしてるだけだよ。

 

口ずさんだ歌が見えてしまうくらい

寒いんだもの。

 

 

 

 あい             かな

  哀    とは    愛しい   もの 

 

 

 

だから、辛くは ないよ。ね。

 

なんてね。話半分に聞いてね。