onomatopée

nonfiction

夜が朝に溶ける時間

いつも寝ようと思って寝られなくて

この時間になるのよね、

 

困ったものだ。

 

 

明け方の薄暗くてツンと澄んだ空気が大好きで

ゆらゆらと考え事をしていた

 

浮かんでは消えるシャボンみたいに

 

ぷかぷかふわふわ

 

思考が空へ昇っていく

 

暖かい未来の事を想像したり

絶望について考えたり

 

忙しいものだ。

 

愛しいあの人はとうの昔に私の中で死んだし

私は生まれてすらなかったのだ

 

とか

 

明日出会うかもしれない新しい愛しい人は

とてもとても柔らかく笑う人だろう

 

とか

 

もし明日死ぬなら一言だけ話したかった人の

顔を思い返そう

 

とか

 

そんなことをしてたらもうこんな時間だ

 

 

隣のクラスの可愛いあの人は

今日は来てるかな。

 

会えるかな。

 

今日こそなにか言えるかな。

 

 

なんてこと、柄でもなく考えてた

 

ねむくなった

 

おやすみなさい

 

f:id:m_21g:20170420054832j:image