onomatopée

nonfiction

通学中

バスの中で

いつも決まったプレイリストを聴きながら

ぼーっと揺られている

 

今日は遅刻だ

 

さいきんはちゃんと行けてたのになぁ

 

隣のクラスのあの子のおかげかな。

雰囲気が好きでいつも見惚れてる

 

会いたくて、学校に行けるんだから

それはとてもいい事なんだろうね

 

マシュマロみたいな好きで

優しくて柔らかくてふわっとしてて

淡くて甘くて幸せな好きで。

 

いつもの好きは重くて苦くて飲み見込みにくい、そんなガトーショコラみたいな好きなのになぁ。

 

これぞ恋みたいな。

愛に変わる前ならこんなに楽しいんだって思ってしまったよね。

 

私はいつだって行き過ぎる

重すぎる

 

困ってしまう。

 

進めなくなってしまう。

 

苦しめたくはないでしょう

 

んー、難しいわね。

 

 

 

ちょっと私らしくないこと言ってみたかっただけよ。もうバス停につくので今日はこのへんで。f:id:m_21g:20170615142608p:image