1mm.

nonfiction

月が綺麗ですね

ここを始めてからもう、1年と1ヶ月ほどが経っていた

 

早いのか、遅いのか。

 

当時大事だったあの人や、そのあとこの人生のこの時点において一番大切になる人なんかとも疎遠になってしまったりして

 

めまぐるしい

 

好きも嫌いもわからないくらい、めまぐるしい

 

時に引きずられながら必死に足を動かすけど、少しくらい休みたい気持ちにもなる。

 

明日は卒業式だ

高校生活のことは明日、ゆっくり綴るとしよう

 

かの有名な夏目漱石は「 I love you 」を「月が綺麗ですね」と訳したそうだけど、わたしが言い換えるならどうなるかな、と考えていた

 

私は愛とか恋とかを直接言葉にしていない歌が好きだ。

 

私の一番素敵だと思う「I love you」は

米津玄師さんのアイネクライネの

「あなたの名前を呼んでいいかな。」

なのだけど、ほかの詩でも彼はとても上手に愛を歌う

 

眼福では「あなたのある未来が ただこの目に映るくらいでいい」と歌い、

 

メランコリーキッチンでは「この部屋に立ち込めた救えない憂鬱を 美味しそうによく噛んであなたは飲み込んだ。それにどれだけ救われたことか」と歌っている

 

私がもし、あの人に何か言葉をかけるなら

人生で一番長く恋をしていた人には

あなたの心臓になりたいと思った。

と伝えたことがあったけれど

 

今の私なら

 

きっと、

どんな些細なものでもいいから毎日あなたがの側に幸せがありますように。

というと思う

 

心臓になりたかったのは独占欲とかそんなものも込み込みで、心臓になればそのあと彼が誰と愛し合ったとしても私のさじ加減で彼を殺してしまえるわけで、それが唯一優越感に浸れる方法である気がしていたから

 

でも、今は本当に本当の意味での愛ってものを知れた気がしている。

 

私がいない世界でも、誰かがもしあなたの隣で息を引き取った日でも、あなたが絶望しなくていいほどの幸せに包まれていてくれればいいと思う

 

 

今の私の I love you は多分、そんな形だ。

 

 

いろんなことをたくさん描きすぎた気がする。

 

そろそろ寝なくちゃいけないのにな

 

いつものぞいてくれる人、たまたま覗いてくれた人、本当にありがとう

 

私の心のカケラをきょうもここに置くね。

 

おやすみなさい

 

 

f:id:m_21g:20180303015508j:image